ピンクちゃん再び!

私、横浜で専業主婦をしております尚子です!
私は可愛いものが大好きなんです!
幼い頃から、選ぶ色はもちろんピンク。

お洋服も、バックも靴もぜ~んぶピンクでした(笑)
だから、小さい頃のあだ名は
「ピンクちゃん」
林家パー子じゃなくて本当によかった(笑)

もちろん、現在もピンク大好きです( *´艸`)
私には中学生の息子がいるんですが、
いい年なんだからやめて欲しいと言われるんですが、
可愛いはやめられない!
だって私の生きがいだし、私そのものなんだもの!!!

50歳になっても、60歳になっても、
フリルやレースが似合う女でありたい。

大人の可愛いって難しいと思うんです。
大人になっていくと、自然にお肌の質感が
変わってくるし、体形も丸みを帯びてくる。
そんな変化を無視して、20代の子たちと
同じ洋服やピンクを着ると
痛い女になってしまう。これだけは避けたい。
上手くアップデートしていき、
自分に合う可愛いを選んでいく必要がある。

そんな変わっていく自分と向き合って、
可愛い私を続けていきたいんです。

いつまでもふんわりピンクのチークが似合う女で
ありたい。
もちろん、あきらめたこともありました。
30代半ばから、一昨年まで。
もうそろそろやめないといけないかなってと感じ、

ピンクのチークをやめ、
ベージュが強いピンクのチークに変え、
洋服は、ピンクから紺や黒などといった
色味に変えました。

つまらない自分になってしまったような気がしていましたが、
これが大人になるってことなのかなと感じてました。
でも、全然私じゃない気がしてならなかったんです。

そんな中、私のミューズが現れたのです!

その方は「石井美保」様!
美容家で、Richeというアイラッシュとエステ、ネイルが
できるサロンのオーナーという、
そのお姿や生き方もパーフェクトな女性です。

 
本当にかわいくって、私と同じくらいの年齢の方なんですが、
インスタで拝見した時に、
私の中で衝撃が走りました。

なんて可愛いんだろう。。。
可愛い中にも上品で、美しくって、
もう一瞬でとりこになりました。

また、私もこう生きたいと
人生の目標になりました。

そこから一遍、
私の押さえつけていた可愛いが大好きな気持ちが
一気に吹き出し、
今ではもう抑えられません(笑)
また、「ピンクちゃん」に戻りました!

でも、美保様のように、
上品さを忘れないように気をつけています。
そして、これからは、年相応になることをやめ、
年齢不詳な女性になろうときめたのです。

その私の実践していることをブログに残していきたいと思います。
宜しくお願いいたします。